ステンドグラスの武蔵野工房

ステンドグラス ハウスランプ 修復

| コメント(5)

今回は「ハウスランプ 修復」のお話です。

お客様からステンドグラスで作られた「ハウス型ランプ」を落として割ってしまった。

修理をお願いしたいとのご依頼でした。

ステンドグラスの修理・修復は先ず壊れた箇所の画像、

色々な角度から撮影し、UPや全体写真をメール添付して頂き

直せるものなのか、修理するとしてどの位の費用が掛かるものなのかをご提案してから

実際の作業に入る手順となりますが、今回のお客様は直接現物(壊れたハウスランプ)を

送って来られました。coldsweats01  こちらがそのハウス型ランプです downwardleft

壊れたハウス型ランプ正面

お家の屋根の部分が割れてしまっています!!

お家の後ろ側から撮影しました downwardright

壊れたハウス型ランプ裏面

合計5ピースが割れてしまっていました。

お客様は「直さなくても、これと同じ様な物を新しく作ってもらうのでも良い」と

おっしゃいましたが、かなり手の込んだ(分割ピース数の多い)作品なので

同等品を制作するより修復の方が安価で済むとお伝えし

修復する事に決定しました。

先ずは破損したガラスピースの取り除き作業です。

割れているガラスピースには通し番号を付けて置き、

どの部分のガラスかを分かる様にして置きます。

解体が進むともう1ピースの割れが見付かりました downwardleft 

ハウスランプ 解体

屋根の庇の陰になり割れが見つからなかったのです  bearing

修復作業にはこういう事が付き物です・・・(´;ω;`)

屋根に使用されていたガラスは相当以前の物で、現在は生産されていませんでした。

ステンドグラスの材料屋さんとも密に連絡を取り合い同等品を探してもらい

4点程の候補のガラス画像をお客様にお送りし、どれにするかお打合せを致しました。

決まったガラスがこちらです downwardright  光を透かした画像

屋根のガラス透過光

光を透かしていないガラスの表情 downwardright

屋根のガラス不透過

ランプなので明かりが灯っている時、明かりが消えている時、

どちらの場合にも良い様にガラスの色合いに気を使います。

今回の「ステンドグラス ハウスランプ 修復」のお話はここまでで、

次回をお楽しみに ( ^ . ^ ) / ~~~

 

ランキングに参加しています! 応援クリック ↓ ポチッ・ポチッ・ポチッと

押して頂けると励みになります (^^♪ 宜しくお願い致します happy01

 

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


ステンドグラス ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村