ステンドグラスの武蔵野工房

アタゴオルの夜 ステンドグラスのガラス削り・組み作業

| コメント(6)

[アタゴオルの夜 ステンドグラスのガラス削り・組み作業]

ガラス検収が終わり、いよいよステンドグラスは鉛線組み作業に入って行きますが

組み作業も「アタゴオルの夜」から始めます scissors 

(ヒデヨシに圧迫されると不味いので・・・   f ^ ^ ; )  )

その前にガラス削りです   downwardright

アタゴオルの夜ステンドグラス ガラス削り

一つ一つのガラスピースをルーター(ダイヤの粒が丸い筒状の金属に付いています)で

削り形を整えて行きます downwardright

アタゴオルの夜ステンドグラス ルーターでガラス削り

ガラスカット完了 downwardright

アタゴオルの夜 ステンドグラスパネル ガラス削り完了

ガラスか削り終わると組み作業ですが、今回は 約 1㎡弱 の大きさのパネル!

(ステンドグラスの1枚の大きさは強度面から約 1㎡ の大きさに抑えるのがBEST です。)

安全性を考えて外周は真鍮のH鋼で組みます。

15mm巾の真鍮鋼をカットソーでサイズにカットして行きます downwardright

アタゴオルの夜ステンドグラス 外周真鍮H鋼サイズカット

真鍮H鋼の断面です downwardright 鉛線やジンクケイムも、この様なH型の溝に

ガラスを差し込んで行きます。

真鍮H鋼断面

真鍮鋼はそのままではハンダが付かないので表面と側面をサンドペーパーなどで

皮膜を取り除きます  downwardright 側面のペーパー掛けです。 

真鍮鋼サンドペーパー掛け

真鍮鋼の溝の中にガラスを差し込むのでパテを入れるまでは、

真鍮とガラスが直接当たってしまうので

それを防ぐためにガラスを差し込む側に厚紙の中敷きを貼り付けます downwardright

H鋼溝の中敷き

downwardright 厚紙貼り付け後  これで下準備完了です ( * ^ ^ ) v

真鍮H鋼溝の厚紙中敷き

downwardright  原画の白黒コピーにマーカーの色の違いで鉛線の太さの指示を表したものです。

アタゴオルの夜ステンドグラス 鉛線指示表

今回のステンドグラスは鉛の巾、鉛の種類 (ジンクケイム・FH鉛線・KFH(真鍮の芯入り)鉛線等 

計9種類を使い分けます。

1本の線でもグリーンのマーカーから黄色のマーカーに変って行っている所など upwardleft

途中で色が変っている指示は鉛線を削り太い所から徐々に細くする為の指示です。

downwardright この様に鉋で鉛を削り太さに変化を付けて行きます。

鉛線太さ調整

downwardright  鉋で削った後を滑らかにする為ヤスリ掛けをします。

鉛線ヤスリ掛け

downwardright 太さ調整をし削り終わった鉛線を組み上げた所です。太い蔦の輪郭の鉛線

上下の線2本とも削り調整しています。(写真が分かり辛いですね coldsweats01 ) 

削り終わった鉛線の組み

downwardright UPにしてみましたが・・・やっぱり分り辛い  f ^ ^ ; ) それくらい微妙な拘りです♪

鉛線削り

downwardright そしてステンドグラスの組み作業は進みます

アタゴオルの夜ステンドグラス 鉛線組み作業

本日はここまでで、ステンドグラスの作り方は次回をお楽しみに~~ ( ^ . ^ ) / ~~~

 

本日のおまけ

 

先日咲き終わったサボテンがまた咲き始めました happy01

 

サボテン2度咲き

ランキングに参加しています! 応援クリック ↓ ポチッ・ポチッ・ポチッと

押して頂けると励みになります (^^♪ 宜しくお願い致します happy01

 

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


ステンドグラス ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

 

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村