ステンドグラスの武蔵野工房

丸窓 ステンドグラス 鳥とさくら 画像

| コメント(6)

「丸窓のステンドグラス鳥とさくら 完成」

さて何回もクリーニングを行い遂に完成です downwardright

 

 室内間仕切り丸窓鳥とさくらのステンドグラス 完成



F様 邸 間仕切り丸窓 630mmØ           北海道札幌市   2016年2月発送

 

そして追加注文頂いたデザインシリーズ スタンダードタイプ「安寧 MK-04A」 

2枚のステンドグラス制作も始まっています。

制作が間に合わないので丸窓と「安寧」は納期をずらして頂いています。

デザインシリーズはサイズ変更が無ければ、原寸拡大、型紙が既に用意してあるので

ステンドグラス制作期間も短縮、コストも抑えられます scissors 

それでも2枚の制作となると2ヶ月以上は見て頂いています。

直線デザインは鉛線の繋がりがズレるとデザインが台無しになるので、

鉛線の中心位置を「ケガキ」で記しておきます。

デザインシリーズスタンダードタイプ 安寧 MK-04A 鉛線組み

そしてハンダ付けが終わり、パテ詰め・ブラックパティーナ染めと進みます。

デザインシリーズスタンダードタイプ 安寧 MK-04A パテ詰め

パテ詰めは表・裏面とある為2人掛かりで行います。

入れる位置をコートチェンジの様に入れ替わり、パテ入れ方が偏らない様にしていますよ scissors

 

今日はここまでで、「ステンドグラス鳥とさくら」次回をお楽しみに~ ( ^ . ^ ) / ~~~

本日のおまけ

先日ご紹介しました奥四万湖!

その時は「千と千尋の神隠し」のモデルとなった温泉旅館「積善館」へ

宿泊するのが目的でした ( * ^ ^ ) v

積善館前に流れる川の色も水晶を思わせるような色でした heart04

積善館前の川

積善館本館入り口 downwardright  

元禄4年に建てられ、320年もの歴史をもつ日本最古の湯宿だそうです。

積善館本館

「千と千尋の神隠し」のモデルとなった旅館は他にもあるそうですよ。

色んなモデルを参考に製作されたのでしょう ♪

「千」達が寝泊まりしていた女中部屋の様ですね downwardleft

その下のアーチ窓がある所は「元禄の湯」 昔ながらの「湯治湯」です spa

 

元禄の湯外観

そして千尋達が歩いた不思議な世界へ繋がるトンネルです (*'▽') downwardleft

千と千尋の神隠し不思議な世界へのトンネル

お料理も大変美味しく頂きました )^o^( 

料理長お任せ料理

食べるのに夢中で写真は最初のこれだけ・・・ f ^ ^ ;)

短い旅行でしたが、たっぷりと楽しめました happy01 

ここで「あれ?ティムちゃんは??」とお思いの方も多いかと思われます・・・

この間ティムは動物病院で一泊二日のお泊り!!

そしてその間に「チックン」して頂いていたのです~ぅ shock  ごめんねぇ~~!!

トリミングでさっぱりティム

 

ランキングに参加しています! 応援クリック ↓ ポチッ・ポチッ・ポチッと

押して頂けると励みになります (^^♪ 宜しくお願い致します happy01

 

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


ステンドグラス ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析


ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

 

 

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村