ステンドグラスの武蔵野工房

面取りガラスのドアステンドグラス修理 組み上げ

| コメント(6)

ドアの分解が終わると組み上げ作業です!

面取りガラスのドアステンドグラス修理ハンダ外し

パネル下部のハンダもしっかり外し、抜け落ちた面取りガラスを嵌め込みます。

面取りガラスのドアステンドグラス修理ガラスピース組み込み

外れていた面取りガラスを組み込みました (*^^)v

 

面取りガラスのドアステンドグラス修理ガラスピース組み込み完成

ハンダの亀裂があった交点は全てヤスリ掛けをし再度ハンダを付け直します。

面取りガラスのドアステンドグラス修理ペースト塗り

その交点にハンダが上手く付く様にペースト(鉛線などの酸化を取る薬剤)を塗って行きます。

面取りガラスのドアステンドグラス修理ハンダ掛け

ハンダ掛けです。最終的にハンダ掛け直し箇所は12ヶ所でした。(当初見積もりの3倍!!coldsweats02 )

面取りガラスのドアステンドグラス修理ブラスケイム

この面取りガラスのパネルは upwardright この様な真鍮被膜が鉛線を覆ったブラスケイムで組み上がっていました。

真鍮被膜が覆ってある事で鉛線の強度は付きますが、ハンダの融着が弱く、

面取りガラスドアステンドグラス修理破損状況部分UP写真

ドアの開閉時の風圧等でこの様 upwardright に断裂してしまうのです。

このパネルの大きさは見え寸 W538 X H916mmで

通常のステンドグラスパネルなら6kg弱ですが

総面取りガラスのパネルだったので仕上がりパネルを測ってみたら7.5kgと

重量も大分重かったです。

玄関正面のリビングドア、リビングにはベランダへ出れる窓があり、この面取りドアが半開きの時

玄関、又はベランダの窓から強い風が吹き込んだら・・・typhoon

強い勢いでドアがバァ-ンと締まり shock 

この様にハンダが千切れ・・・ガラスが抜け落ちるのです・・・

ドアのステンドグラスはその様な状況を考えて、デザイン・材料選びをしなければなりません!!

気を付けましょう (*^^)v

 

ハンダが終わるとブラックパティーナ染めですが、修理の時はパネルの雰囲気を壊さぬ様

経年変化を見ながらブラックパティーナ染めを調整します。

面取りガラスのドアステンドグラス修理ブラックパティーナ染め

そして完成 \(^o^)/\(^o^)/\(^o^)/

面取りガラスのドアステンドグラス修理完成

輝きを取り戻した面取りパネル・・・仕事場で camera shine

そして現場へ取り付けに rvcar dash dash dash

面取りガラスのドアステンドグラス修理現場施工完了
A邸リビングドア面取りパネル修理 W538 X H916mm 埼玉県川口市 2015年5月施工
 

取り付け完了後 綺麗に直ったパネルを見て、お客様は大変喜んで下さり

「同じマンションの人に紹介しておきます。みんな壊れて困っていたから・・・」と

言って下さいました  f ^ ^ ; )

みんな割れているのねぇ~~(@_@)

デザイン・コスト優先でなく、強度・安全性を優先しましょうsign03

本日はここまでで、次回をお楽しみに~( ^ . ^ ) / ~~~

 

ランキングに参加しています! 応援クリック ↓ ポチッ・ポチッ・ポチッと

押して頂けると励みになります (^^♪ 宜しくお願い致します happy01

 

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


ステンドグラス ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

 

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村