ステンドグラスの武蔵野工房

お寺のステンドグラス 鉛線組

| コメント(4)

ガラスカットも終わり、形を整えるガラス削りも終了し

いよいよ鉛線組作業です good

ヨーロッパタイプの組み方をされる方々は「鉛桟組み」と言いますが

私は「鉛線組み」と言いますね (^_-)-☆

皆さん覚えた所で言葉の表現も多少違います!

定泉寺ご本堂蓮の花ステンドグラス鉛線組み作業

机の上には鉋やヤスリも出ています!これらを使って鉛線の太さを削り、

線に強弱を付けます ( * ^ ^ ) v

そうする事で鉛線に動きが出て、少しでも絵画の様に表現の幅を広げる事が出来るのです。

ですから、私は「鉛桟」とは言わず「鉛線」と言っているのです♪

定泉寺ご本堂蓮の花ステンドグラス鉛線組み作業2

大分組み上がって来ました scissors

蓮の葉の茎や葉の周りの鉛線の巾を8mm巾から5mmに削ったり、10mmから6mmに削り

線に動きを出しています happy01

定泉寺ご本堂蓮の花ステンドグラス鉛線組み上がり

鉛線組作業完了です\(^o^)/ 外周は強度を付ける為ジンク(亜鉛)ケイムですsign01

最後にハンダ付け作業の動画をUPしますね!まだ三脚を買っていないので、

またまたアングルが良くありませんが・・・(≧▽≦)

見て下さい~~♪

本日はここまでで、次回をお楽しみに~( ^ . ^ ) / ~~~

 

ランキングに参加しています! 応援クリック ↓ ポチッ・ポチッ・ポチッと

押して頂けると励みになります (^^♪ 宜しくお願い致します happy01

 

にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村


ステンドグラス ブログランキングへ

blogramで人気ブログを分析

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村