ステンドグラスの武蔵野工房

あなたの絵をステンドグラスに!

| コメント(0)

鉛線組が終わり、いよいよハンダ付けですp(^ ^)q

先ずは鉛線の位置をずれていないか、しっかり確認し、ハンダを付けやすく

する為のペーストを半田付けする所に塗ります downwardleft

ステンドグラスペースト塗り

表面からハンダを付けますが、安全面を考慮し、表面は私の方で半田付け致しました。

裏面をお客様に体験して頂きます。ペーストを塗り

ハンダゴテの温度が調度良くなったら、はんだ付けです。

ステンドグラス半田付け

鉛線の交点にペインティングナイフを差し込み、ハンダが鉛線の内側に

流れ込まない様にします。

ハンダが流れ込んで仕舞うと、ガラスを圧迫し地震などでステンドに負荷が掛かると

割れの原因になってしまうので、要注意です(>_<)

ハンダ付けを終えると、ペーストなどの余分な油を拭き取ります。鉛線の中に

入り込んでしまったはんだの玉も、そのままパテを入れて仕舞うと割れの原因なるので

取り除きます。そして、鉛線とガラスの隙間にパテを入れて行きます。 downwardleft

ステンドガラスパテ入れ

私共の工房では、粘り気のある黒パテを使用しています。

パテ入れが終わると、はみ出したパテを取り除き、表面に付いたパテもウエスで

きれいに拭き取ります。 そして、ブラックパティーナ染です。

ステンドグラスブラックパティーナ半田用

最初に綿棒でハンダの部分だけを染めていきます。(ブラックパティーナ半田用)

ステンドグラスブラックパティーナ染

ハンダの部分が終わると、今度は鉛線用のブラックパティーナで鉛線の部分を

染めていきます。綺麗に染め上がったら、濡れぞうきんでパティーナの

薬品を拭き取ります。

ステンドグラス クリーニング

濡れぞうきんで拭いたら、乾いたウエスできれいに水けを拭き取り、石膏を撒きます。

石膏を撒いたら、たわしでガラスと鉛線の表面をゴシゴシ!!とたわし掛けをします。

そうする事でガラスの隅々までパテの汚れを取り除き、鉛線の表面も艶々と、

艶出し効果が得られますshine(ピッカピカ♪)

2回目の体験制作は時間との勝負!!休憩なしでついに完成 happy01

ステンドグラス完成

お二人で持って記念撮影camera  満面の笑みで パシャ!!

お二人で協力して一つの作品が仕上がりました scissors 

お疲れ様でした~ぁ\(^o^)/

こちらも初体験でしたが、私も良い経験になりました。ありがとうございました♪

 

 

ステンドグラス制作スタッフ 募集中!!

制作経験者の方を募集しています。

未経験の方でもやる気のある方なら大歓迎です(*^^)v

お電話お待ちしております ♪

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

 

 

 

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村