ステンドグラスの武蔵野工房

穂高連峰の四季

| コメント(2)

デザイン画のOKが出たので、いざ制作開始です!!

リビング欄間窓ステンドグラス原寸拡大

今回は左右に長いので、真ん中で分割し、左右2枚仕立てのパネルにします。

2枚に分けて制作し、現場で片方のパネルをもう片方のパネルに差し込んで、

1枚にする!!

所謂 「カップリング」と言う方法です。今回は左パネルに右パネルを差し込んで

完成させる事にしました。

何時もの様に、型紙制作→ガラスカット→ガラス削り→鉛線組→半田付け→パテ入れ→

パティーナ染の手順です happy01

左パネルガラスカット完了 downwardright

左パネルガラスカット完了

初春の残雪の山を背景に春竜胆とカタクリの花、初夏の新緑の若葉とルリビタキです。

花の花芯と鳥の部分は余りにも細かくて、鉛線で組むとガラスが見えなくなるので、

コパーテープ巻き(銅のテープ)で半田付けする事にしました。

左パネルは221ピースになりました。

 

右パネルガラスカット完了 downwardright

右パネルガラスカット完了

右パネルは真夏の夜光り輝くホタルと川のせせらぎ、

晩秋から冬にかけての麓の紅葉と冠雪の山です。

蛍の表現は鉛線線で組む所と、ガラスの表面に丸いガラス粒を張り付けて表現する所を

作りました。

右パネルは全て鉛線組!!こちらは171ピースになりました。

外周はカップリングをするので、15㎜巾の真鍮のH 鋼で組み、図柄の部分は殆どを

FH3、4㎜の鉛線で組む予定です scissors

とにかく細かい sweat01sweat01sweat01  頑張ります!!

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村