ステンドグラスの武蔵野工房

鳥たちと虹のステンドグラス

| コメント(0)

今日から下半期のスタート! 早いですねぇ~sweat01 
あっという間に今年も残すところ後半年ですdash

今日は先日来のマンションのステンドグラス制作日記の続きです♪

マンションステンドグラス鉛線組作業

今回のパネルはW(横幅)はあまり無いのですが、H(高さ)が2Mを超えるので、

外周は真鍮部材で組み上げる事にしました。中の方はFH5・FH6㎜を中心に

所々KFH8やFH4㎜の鉛線を使用し、鉛線の太さを変える事により、

画面に臨場感を出します(ちょっと大袈裟  coldsweats01

そうする事により、画面に動きが出て、平面的でないリズム感溢れる表現になります。

FHの鉛線とは、鉛線の表面がフラットでハード(硬い)鉛線と言う事で、

KFHは鉛線の表面がフラットでハード(硬い)そして鉛線に芯の中に

真鍮の補強バー(厚み0.25×巾3㎜位)入っている鉛線の事です。

パネルの強度を持たせる為に使用します。

マンションステンドグラス鉛線組作業完了  パネル上部

マンションステンドグラス鉛線組作業完了下部  パネル下部

組み上がりましたので、次はハンダ付けです。

半田付け

真鍮のはんだ付けは、真鍮にすぐ熱を取られてしまうので、いつものより大きく、パワー

のあるハンダゴテで半田付けして行きます。

半田が終われば、何時もの様にパテ詰め、ブラックパティーナ染、そして

クリーニング、クリーニング、クリーニング

鳥たちと虹  upwardleft 
            完成後仕事場の外で撮影しました。 

(仮)ヴィンテージ氷川台マンション(練馬区) W 324  × H 2,166 ㎜    2013.3 施工
 

施工完了写真をHPのオーダー作品 「集合住宅」のページにUPしました。

是非ご覧下さい。

 

  

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村