ステンドグラスの武蔵野工房

ステンドグラス オーダー作品 Vol.5

| コメント(2)

①組み完了ペースト 写真

さて、先日の続きでハンダ付けの為のペースト塗布です(パネルは縦型パネルに移行しました ♪)
ペーストはタップリ塗っておきます。

①ハンダ作業 写真

upwardright ハンダ付けです。鉛線の間に紙やペインティングナイフを挿し込んでいるのは、ハンダが鉛線の下に流れ込むのを防ぐ為です。
ペースト塗布からハンダ付け作業に移行しているのに、ゴム手袋のまま作業していますねぇ~ bearing
(火傷の危険があるから、良い子は真似しないでね coldsweats01 )

ステンドグラスは、H型鉛線の溝にガラスを挿し込み、組み上げて行きますがH型の溝巾は5㎜位でガラスの厚みは平均3㎜位(2~4㎜バラつきがあります)
ですからハンダ付け終わりパネルを立ち上げて揺らすと、カタカタとガラスが揺れます。
(クリアランスがあのです)その揺れを止める為に「パテ」を詰めて行きます。

パテは鉛線とガラスの緩衝材にもなっていますが、万が一ガラスが割れても、このパテが入っているお陰でガラスの落下を防ぐ事が出来ているのです。パテがシッカリ入ってると言う事は安全性からも
大変重要です。

このパテが入っていないパネルも海外から沢山輸入されています。
購入の際は気を付けて下さいねsign01

ステンドグラスパテ詰め 写真

upwardright ハンダ付け終了後、ペーストの油分を綺麗に拭取り、飛び散ったハンダの粒等を丁寧に取り除き
     パテ詰め作業です。
  それぞれの工房でパテ詰めのやり方も違いますが、私共では指でしっかり入れてい来ます。
  その為パテ作業が続くと指先に肉刺が出来てしまう事もあるのです、
    爪は真っ黒になっちゃうし  shock

でも、指先でしっかり入れて行きますよ~sign03


ステンドグラス制作スタッフ 募集中!!

制作経験者の方を募集しています。お電話お待ちしております ♪

ステンドグラスの武蔵野工房
〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村