ステンドグラスの武蔵野工房

ステンドグラス デザイン 海 ヨット | LEDライト パネル

| コメント(0)

住宅のリフォームを終えられたお客様から、「インテリアとして額縁入りの壁に掛けるための
ステンドグラスが欲しい」とのご依頼を頂きました。ただ壁に掛けるだけでは、色ガラスが光を
透さないからステンドグラスの良さが感じられないので、新発売になったLEDライトパネルに
ステンドグラスを入れ、壁掛けにするご提案を致しました。

デザインは大海原を走るヨットですsign01 

「ステンドグラス デザイン 海・ヨット」

ステンドグラスの作り方(製作工程)を手順にそって解説いたします。

ステンドグラス デザイン 海 ヨット 拡大写真

先ず、海・ヨットのデザインを原寸拡大します。(サイズ H 605 × W 433) 次にガラスをカットする
為の型紙を作ります。型紙は原寸拡大の上からもう一枚フィルムを載せ原寸拡大の線をそのまま写します。その線を写したフィルムを、シャープペンの芯の厚み分を取り除いた大きさ(約0.5㎜ずつ小さく)に切り取ります。

デザイン 海 ヨット 型紙カット 写真

鉛線ケイム組みのステンドグラスの場合は特殊なハサミ(パターンナイフ)を使用して、型紙を切りますが今回は銅製のコパーテープ巻きでのステンドグラスなので、コパーテープの厚み分+クリアランスで約0.5㎜を普通の一枚刃のハサミで切り取りました。

デザイン 海 ヨット 型写し 写真

切り取った型紙をガラスに載せ、形をガラスに写します。これでガラスの大きさ・形が決定してしまうので型作り、型写しは慎重に丁寧にsign03が肝心です。そしてガラスカットに入ります。

ステンドグラス 海 ヨット ガラスカット 写真2

ガラスカット完了happy01

デザイン 海 ヨット ガラスカット 完了写真

次に1ピース・1ピースづつルーターと言うグラインダーでガラスの形と大きさを整えるために削って
いきます。ガラスは硬いのでダイヤモンドの粒が付いた鑢(ヤスリ)で、削っています。

デザイン 海 ヨット ガラス削り 写真

今回は特にコパーテープでの制作なので、仕上がりのラインの太さを考えながら1ピース、1ピース
丁寧に形を整えます。

ステンドグラスの作り方(製作工程)の続きはまた次回お話します (^^) /~~

 

ステンドグラスの武蔵野工房
[ 〒343-0105 埼玉県北葛飾郡松伏町田島231 TEL&FAX:048-992-2852 ]
 

 

 

 

アーカイブ



blogram投票ボタン
にほんブログ村 美術ブログ ステンドグラスへ
にほんブログ村